服装が患者さんに与える印象。

多くの調剤薬局は薬剤師の制服として業務時には白衣を着用するよう指定しているでしょう。
全国チェーンの調剤薬局やドラッグストアーは、指定の白衣を支給するところが多いです。
現在千葉で薬剤師求人を募集している調剤薬局もそのほとんどが薬剤師に白衣の着用を義務付けています。
やはり、医者や看護師と同様に医療に携わる人のシンボルとして、薬剤師も白衣の着用が必須の状況となっているのでしょう。
白衣を着用して患者さんと向き合う事になる薬剤師さんは、白衣の中に着る服についても十分気を配ってほしいものです。
白衣の襟元から見える白衣の中に着ている服が、清楚なブラウスであったり、男性であればYシャツとシックなネクタイの組み合わせであったりするなら、その人がどのような気持ちで仕事と向き合い、取り組んでいるのかが患者さんに伝わります。
場合によっては患者さんの命をも左右する仕事が薬剤師の調剤業務ですから、白衣の中に着る服についても十分気を配る事は社会的な礼儀とも言えるでしょう。
ラフなアンダーシャツや運動着の上に白衣を着るというスタイルは、質の高い調剤業務を行なっていても患者さんに与える印象を大きくマイナスにしてしまい、良い仕事が生み出す成果を台無しにしてしまいます。
薬剤師は人の命を左右する事もある医療に携わる重要度の高い職業の一つですから、清潔さや誠意が服装を通しても伝わる必要があるのです。
カジュアルなスタイルは患者さんに安心感を与えるものとはならないケースが多いので、注意したいものです。