薬剤師求人を派遣で探すメリット

薬局やドラッグストアなどで働いている薬剤師には正社員として働く人もたくさんいますが、それ以上に派遣社員として働いている薬剤師が多くいます。
これは薬剤師に女性が多いということが大きく影響しています。
女性の多い薬剤師業界の場合、結婚や出産を機に一時的に仕事を離れる人が他の業界に比べてたくさんいます。
つまり、離職率が高い業種と言えます。
しかし、薬剤師の良い所は一度離職したとしても、また職場に復帰することが比較的簡単だというところです。
これは薬剤師が慢性的に不足しているということと同時に、薬剤師資格が国家資格であり非常に信頼性が高いということが理由にあります。
結婚・出産を機に一度仕事から離れても、子育てが一段落すれば再び薬剤師として働くチャンスがたくさんあるのです。
さて、子育てが一段落した女性が再び仕事に就く場合には、正社員としてではなく派遣で薬剤師求人を探す人が多いようです。
これは、派遣の仕事だと勤務地や勤務時間を柔軟に選ぶことができるというメリットが大きいようです。
たとえば、正社員の場合には転勤をしなければならないこともありますが、派遣では転職はありません。
また、正社員の場合は残業しなければならないこともありますが、派遣の場合には残業しなくても良い場合が多いので、子どもがいる女性にとってはとても働きやすい環境なのです。
また、派遣として働く場合には、パートやアルバイトで働くのと比べて時給が高いことが多いというのも、派遣で働く薬剤師が多い理由の1つです。
派遣で働く薬剤師の時給はパート・アルバイトで働いた時の時給より20%から50%ほど高いことが多いようです。
また、派遣の場合には契約期間が終了すればすんなりと辞めることができるというのもメリットの1つです。
薬剤師の職場は女性が多いため人間関係に苦労する人が多く、それが理由で職場を辞める人もけっこういます。
正社員の場合には簡単に仕事を辞めることはできませんが、派遣の場合にはもし人間関係がうまく行かなくても、契約期間が終了すればすんなりと辞めることができるので気が楽です。

get( 'keyword', 8 ) ?>
get( 'comment', 8 ) ?>