探すのは容易です

今は薬剤師不足が騒がれておりますが今後その状況が落ち着いてくると言われております。
なぜならば薬剤師不足を補おうと近年新たに薬科大学が新設されたり薬学部が増設されたからです。
また修業年数が4年制から6年制に移行したためその空白期間に薬剤師求人が急増しますがその期間が終われば毎年安定的に薬剤師が供給されるため薬剤師不足がある程度解消され薬剤師求人は大幅に減少すると言われています。
本当にその様な事が起こるのでしょうか。null
少なくとも埼玉ではその様な事は当面起こらないでしょう。
埼玉では医薬分業率が毎年伸びているとはいえまだまだ完全ではありません。
ということはこれからも引き続き調剤薬局が新たに設立されるでしょうから薬剤師求人は見込めます。
しかも埼玉には数多くの製薬会社があるので団塊の世代のまとまった退職に合わせて薬剤師求人も増加するはずです。
埼玉にはたくさんの病院がありさらに新たに病院が設立されたり診療科が増設されている病院もあります。
病院の増加や診療科の増設は薬局の増設にもつながりますので自ずと薬剤師求人の増加にもつながるのです。
ドラッグストアはさいたま市をはじめとする都市部だけでなく郊外地域にもいまだに新規開店しておりますので薬剤師求人は旺盛です。
埼玉は東京のベッドタウンとして今後も人口の増加が見込める上に高齢化が進めば病院に通う高齢者も増えて薬剤師の需要はますます増えるでしょう。
なおかつ埼玉は薬剤師の人数が全国平均よりも少ないのです。
なので埼玉の薬剤師求人は今後も増加が見込め薬剤師求人をお探しの方は容易に就職先を探すことが出来るはずです。