臨床開発や治験に携わる薬剤師求人

東京の薬剤師求人には臨床開発や治験に関連した求人が目立ってきています。
こうした業務は調剤業務と違い、必ずしも薬剤師資格が必須なわけではありませんが、薬剤師や看護師・臨床検査技師の資格や業務経験がある方の採用を望む企業が多いのが特徴です。
臨床開発関連の職種の1つである臨床開発モニター(CRA)は、治験の実施医療機関の選定や契約、進捗管理やモニタリング、文書の確認や報告書の作成などを行う仕事で、正確性や計画性、文書作成能力のほか、フットワークの軽さやコミュニケーション能力が求められます。null
また、治験コーディネーター(CRC)は、製薬メーカーと治験実施医療機関や担当医師、被験者やその家族等の間に入って、具体的な調整やサポート、スケジュール管理をする仕事で、高いコミュニケーション能力やバランス感覚と同時に、薬品や副作用等に関する知識を備えていることが望ましいとされます。
薬剤師資格をお持ちなら薬学に関する専門知識は十分にあるわけですから、一歩進んで、積極的に臨床の現場に関わり、新薬の発売に向けて貢献したいと思う方には、非常に面白い仕事だと思います。
CRAやCRCは経験者優遇の場合もありますが、未経験でも可のケースが多いのも特徴的です。
これに対し、臨床開発で各種データ分析や統計・集計、メディカルライティングと言われる文書作成業務に従事する場合は、業務経験者であることが応募条件になっている場合がほとんどです。
以前、製薬会社やCROで臨床開発のマネジメント業務に就いていたり、SASプログラミングを使用した統計解析業務を行っていたことがあることが求められます。